手にれるためにはどうすれば | 通販で購入した低用量ピル。飲み忘れた時の対策は!?

通販で購入した低用量ピル。飲み忘れた時の対策は!?

手にれるためにはどうすれば

空のパッケージと薬

低用量ピルを避妊や、生理痛の緩和のために利用したい。
そう考えても、実際にどうやって手にれればいいのでしょうか?
ピルは処方薬であるため、医師の処方箋がなければ基本的に手に入れることはできません。
当然、薬局などにピルが置いてあるというようなこともありません。

ですから、今まではピルを手に入れるために、婦人科クリニックなどに足を運んで診察を受けてピルを処方してもらうというのが基本でした。
それでも問題がないという人はいいのですが、やはり恥ずかしいと感じる女性は少なくありません。

そうしたこともあって、個人輸入代行サービスを利用して低用量ピルを手に入れるのが今では人気になっています。
この個人輸入代行サービスというのは、ネット通販の要領で低用量ピルを購入することが出来るようになっています。
薬局にないのにどうして通販が出来るのか?と疑問に思う人もいると思います。
個人輸入代行というのは、個人輸入を代行してくれるサービスであり実際は自分自身が海外の製薬会社から直接輸入するのを手助けしてくれるサービスになります。
実は、医薬品は個人利用を目的として自己責任において輸入をして利用することは法的に何も問題ないのです。
しかし、海外からの輸入なので言葉の壁や法律の壁などいろいろ難しいことがあったんですが、そうした難しい部分を代行業者がすべて排除してくれるので、とても便利に購入できるようになっています。
また、日本ではまだ認可されていないようなジェネリック医薬品なども取り扱っていたりもするので、日本で処方してもら寄りも安く手に入れるといったことができるので、低用量ピルの通販を利用すれば
処方してもらう恥ずかしさもないですし、日本で処方してもら寄りも安い費用で手に入れることができるようになっているので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。